東京・シエスパの爆発2007年06月20日 22時22分56秒

気体の爆発反応の進行は非常に速く、一般に連鎖反応ですから加速度的でしかも多段階に急速に進行しますから、いったん、「火が付いたら」、その抑制はもちろん、感知もきわめて困難です。この意味で、ニュース報道で盛んに言われているガス検知器などはたとえあっても、今回のような事故の発生には何の役にも立たなかったものと思われるのです。

もともと、大気中への放散・排出を前提としてガス分離器から出すように作られていたことからも、そもそもガス検知器は設計段階でも不要とされていたと考えられます。常に、地下だとしても、ガス分離器からは上に放出されるはずの、主としてメタンが、室内に部分的にある分圧で存在していたとしてもその濃度をもって検知とするのは無意味な気がします。それよりも、圧力を感知してかあるいは異常に高めない工夫や造りをしていたなら、これほどの(半径50~100mらしい)規模の爆発を起こすまでには至らなかったかもしれません。電気的な検知器やそれに類した検出方法ではかえって、その作動による電気火花の瞬間的な発生が爆発反応を引き起こす可能性があったかもしれません。

南関東ガス田とかいうほどに、大量のメタン主体の天然ガスが埋まっている地域での安易な温泉掘削にこそ、この必然的な、あるいはいつか必ず起こりうる事故の、避けられない引き金が存在しているのではないでしょうか。狭隘な場所での集中的な掘削と、そこに集中する上への圧力は単純なガス分離器だけではあまりに不十分だったのです。埋蔵量を考えたならそういった点発生的なガスの噴出を招く温泉掘削は避けるべきです。

化学物質では、単なる接触や混合でも爆発的な反応進行が起こる系があります。そういった物質の組み合わせはいくつも知られていますし、今回のような、気体の混合比のある値において急速に不安定になり、ちょっとした刺激などで爆発するのは、たとえ火花などがなくとも起こりうる珍しくないことなのです。よく知られているのは、水素と酸素の混合ですし、メタンでは5%~15%でそれが起こり、9%付近でもっとも激しくなる、といわれています。 今回の爆発の引き金のもう一つの、より確からしい可能性です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「山路を登りながら、こう考えた。」で始まる小説の作者は誰か。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://midori.asablo.jp/blog/2007/06/20/1592829/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ Dayly Knewer - 2007年06月21日 05時05分20秒

<h3>シエスパ渋谷</h3>■<strong>松涛温泉</strong><strong>シエスパ</strong>って・2006年1月に<strong>松涛温泉</strong><strong>シエスパ</strong>はOPEN・女性専用温泉・会員制で入会するのに写真つき身分証明書が必要・温泉以外にアロマトリートメント、リフレクソロジー、ゲルマニウム温泉など【コメント】事故から一夜明けていろいろな事が分かってきました。点検を委託していたが、事故の原因と思われる機械部分は点検項目に入っていなったという。行政も、運営開始後の管理体制は特にないという。今回のような温泉施設は急増しており、第二第三の<strong>松涛温泉</strong><strong>シエスパ</strong>が出てもおかしくない。消費者を守るべく行政側も管理体制を作る事が急務だと思います。今日テレビを見ていたら遺族の方(亡くなられた女性の父親)が出てらして、娘の事故死を新聞で初めて見たと言っておられた。この亡くなれた方はこのお父さんとアパートに二人で暮らしていて、奇しくも事故の日はお父さんの誕生日だったという。画面にはお父さんに宛てた手紙と誕生日プレゼントが映っていたのがより一層痛々しく、見ていて心が痛んだ。昨日会見で「遺族の方全員と連絡が取れた」といっていた社長。このお父さんは翌日の午後まで連絡が来なかったそうです。今後同じ様な悲劇を繰り返さないように業界全体で取り組んで欲しい。(以下<strong>シエスパ</strong>公式HPより転載)※今はこれしか見れません各位 女性専用天然温泉<strong>シエスパ</strong>事故についてのお悔やみとお詫び このたび、弊社施設、女性専用天然温泉<strong>シエスパ</strong>の従業員更衣室におきまして、事故が発生致しました。従業員3名が亡くなり、従業員2名と通行中の1名の方が怪我をして入院されております。亡くなられた方々に慎んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈り致します。また、入院中の方が一刻も早く回復されますことをお祈り申し上げます。 お客様、近隣の方々及び通行中の皆様に多大なご迷惑をお掛けしましたことを、慎んでお詫び申し上げます。 原因につきましては現在、警察と消防で調査中でございます。 なお、弊社におきましても、事故調査委員会を立ち上げ、原因究明に全力を尽くしております。 詳細が把握でき次第、皆様にはご報告申し上げます。 平成19年6月19日株式会社ユニマットビューティーアンドスパ代表取締役 宮田春美

_ 「松濤温泉シエスパ」爆発。若槻千夏、河口恭吾コメント - 2007年06月21日 22時25分59秒

「松濤温泉シエスパ」爆発。若槻千夏、河口恭吾コメント。爆発映像&マル秘動画配信

_ 「松濤温泉シエスパ」爆発。若槻千夏、河口恭吾コメント - 2007年06月21日 22時44分15秒

「松濤温泉シエスパ」爆発。若槻千夏、河口恭吾コメント。爆破映像、マル秘動画