近くて遠い山2013年12月01日 20時34分48秒

多田ヶ岳
ようやく日程とわたしの予定は合う日を見いだしたので、今日は多田ヶ岳に12人で登りました。入山前はよく知られていて、町中から見える山なので、良い状態の道と直ぐに登れるところ、との先入観をもっていたのですが、登りでそれは大きな思い違いだと知るところとなりました。今日は山の会で登山道の整備をするため、わたしも荷を持ち、テープも使いながらの時間を過ごしたわけですが、有名な割に入山者もいないようで、あちこちを切ったり除けたり、看板や道標を修復したり、で山頂まで5時間もかかったのでした。

途中の崩壊場所では手前での大きな迂回と急斜面の登り道を新たに作り、分岐からはしんどい急登で、ちょうど12時前、長い歩きでした。でも山頂からは360℃の眺望で、天候もよく、やはり、前日に山歩きを決めたのはとてもよい選択でした。実に、7ヶ月ぶりでしたし、山の中はわたしにとってこの上ない心地よさを与えてくれ、山を歩くことで気持ちも良い方向にむかうと信じています。

下りも道はこのての山としては大変で、整備はこれからもかかせない、という、名の知れた山の割に歩く人は少ない、という現実と切り離せないというこの現状をどうすればいいのか、この町の人々共々、考える必要がありそうです。とくに、林道の崩れや荒れ様は早急な対策が求められます。とにもかくにも、好天で穏やかな初冬の山歩きは少し、健康を取り戻すきっかけとなったようです。

イノシシを食す2013年11月04日 21時02分36秒

シシ汁
昨日、一昨日、と地元での文化祭でシシ汁の無料提供があり、おとついは間に合わず食いそびれたのですが、きのうは10分前に並んだおかげでありつくことができました。とても柔らかく、おいしいお汁とともに暖かな味噌仕立てで野生の味を入れたのでした。まずめったに食べられないわけで、イノシシには気の毒でしたが、役に立っているのだぞ、と天に向かって感謝です。

有害鳥獣のひとつとして、とりわけ近年、その出没数の激増とともにその処分は大きな課題です。この地方一帯の処分施設も建設、稼働し、そこから運ばれた彼らの肉だったわけです。ただ、原因を鑑みれば我々人間の側にあるともいえ、バランスを失っている生態系の姿でもあるのです。単なる棲み分けではすまない現実があり、かつてのような山の管理や幅広い利用と植生の回復と多様化の保持にこそ解決策があるようです。

日本の地理的な分散と再配置、さらには就業と産業のバランスの回復も必要です。そして、何より、持続的な環境維持には活動する人間とその再生産も不可欠なのは今更いうまでもありません。少子高齢化は大問題で、とりわけ労働と結びついた少子化の危機的な状況はすぐに取り組まねばなりません。しかし、今の政府は前にも増して無策無能といわざるを得ません。わたしも含めて、若い人たちが安心して、安定した生活を営み、こどもをつくることができる本来の社会にしなければこの国は滅びます。

展望のトレイル2013年02月03日 15時16分26秒

達磨山山頂
少し久しぶりに山にいきました。360℃のパノラマで有名な達磨山です。レストハウスから入って、金冠山、戸田峠を経て山頂へ。1000mに満たないのですが、結構登りもあり、よく、というよりあまに整備されすぎたハイキングコースですが、意外に疲れます。安全ですが、昨日の降雨でぬかるんでいてすべりやすく、また先日来の雪も残る箇所もあり、で歩き甲斐のあるコースです。トレイルランの若者にも一人、会いましたし、山頂記念写真も撮ってもらい、下りるまではご機嫌な山歩きでした。<p>
金曜まで、いえ、土曜までは疲れ切って、きのうは7時過ぎまで眠ってしまい、途中また眠る、でお昼をとうにすぎてからの活動でした。きょうは浅い眠りのまま歩いたわけですが、楽勝コースのせいか、気分的に楽で、週に一度はこのような機会はなければ死んでしまう、と実感させられました。午前中で早くも陰りはじめて、ちょうどよい時間帯に最良の一日をあてられたのは幸いでした。今日を逃すともうなかなかこんな天候と展望を望むのは難しかったでしょう。富士山と南アルプスの連なりをいつまで見ても飽きさせない、そんな良い山の典型と納得したところです。</p>
さらにもっと人生の良き日を迎えられたら、と行き交う人たちを見てつくづく思ったものです。美しさと豊かさをこの身に与えたい。

秋晴れの山行2012年11月04日 20時02分01秒

マツムシソウ
きのうから予定していた場所へ早朝暗い中、危なっかしい運転ながらなんとか麓までたどり着きました。ただ、その麓には「コンビニ」はなく、居住している県の道路の上りすぐのところが最終だったのです。寄ろう、と思ったのは正しかったのですが。空耳は信じてはいけません。で、富士山の冠雪のきれいな御姿を見ながら峠を越えて4℃の気温のなか、歩き始めたわけです。

古い道を通り、登り切るとそこにはリンドウの花盛り。登山道の両脇にいくつものリンドウの群落がありました。そして、写真のマツムシソウも沢山咲いていたというわけです。写真では紫をうまく写すことはしばしば困難ですが、今日はどうでしょうか。花の小道は分岐に至る前まで続いていました。天候の良さがそれを鮮やかに目に眩しいくらいに際立たせていたのですね。

トレイルランをしていた人たちと何度かすれ違いあるいは同行して別の山麓に下りました。同方向3人、反対方向3人(騒がしい女性2名+男性1名)、他に2名と1名、下りに5~6名出会いました。ことばを交わし、写真をとってあげてまたとってもらって、山上はまさに秋晴れのはれやかさだったと思います。歩きやすい良い道で、常時同行者がいたらなあ、とは贅沢でしょうか(いいえ)。

三国山から大洞山2012年09月29日 18時34分41秒

大洞山山頂
今日は早朝出立、山梨県との県境の三国山、大洞山の稜線歩きを楽しんできました。帰りの車では危うく居眠りとなりかけましたが、無事故で無事帰還しました。この稜線はその先のアザミ平~籠坂峠を除けばほとんど、いえ、全くといっていいほど展望がなく、ブナを中心とした森林の中の静かなトレイルのルートとして地元で整備されています。おそらく、三国峠などでの駐車場整備を進めれば家族連れでも楽しめるでしょう。

私は今日は明神峠から三国山に登る予定でしたが、明神峠では駐車場を見いだせず、道路脇に2台ほどのスペースがあったのですが1台駐車されていてやめて、急遽、三国峠となりました。のっけから、登山口には「熊出没注意」とか、「8月31日に目撃」などとかいてあり曇りがちで霧のかかった山上に恐れを抱きながらの山歩きでした。幸い、出会ったのは雌のおとなのシカ1頭のみ、他にはシカ数匹の足音で、しっかりした道以外に何も気がかりなものはありませんでした。途中、出会ったのは大洞山付近での男性1人、女性(年配)2人で戻った三国山での3人、下りでの2人の他はいませんでした。

また歩きたい、と思えた心地よい半日でした。命の洗濯に少しはなったかも。

八ッ場ダムはやめるべし2011年12月23日 10時30分17秒

前原誠司元国土交通相
昨日の群馬県の八ッ場ダムの建設続行の決定と地元への前田国土交通相の報告にはあきれかえってしまいました。居並ぶ建設前提の関係者の前で頭を下げる様には、この人はいったい、どこを向き、誰のために大臣をやっているのか、と大きな疑問を感じさせたのです。とにかく、このダムは建設中止の前提のもとに民主党は政権交代を果たしたのですし、国民やとりわけ、今苦しんでいる東北の人たちに対する大きな裏切りであり、到底、受け入れられるものではありません。

首相官邸と民主党のホームページから意見としてメールを送りましたが、その効果はたぶんないでしょう。でも、国民のひとりとして、黙っているわけにはまいりません。もしそれが密かな端緒にでもなれば幸いです。多くの声で再度、中止を宣言されるように人々の反対の発言などが集まることを願っています。

前原誠司政調会長に直接、ひとりでもがんばって欲しい、とのメールを送りたかったのですが、議員のホームページにはアドレスもフォームもなく、政府内でおそらくひとりの彼にはどう応援したらいいのか、わかりませんが、とにかく、ここから、わたしは前原さんに中止を貫くよう、支持を表明したいと思います。建設を進める側の国土交通相の継続確認や検証など、全く論外です。手前勝手な主張などを根拠にするなど、あまりに愚かしく、悲しく思います。

金草岳登山2011年10月16日 18時00分26秒

金草岳
しばらくぶりの山の会の登山でした。昨日は天候が心配されましたが、明け方にはやんでいて、回復傾向でしたので連絡はなく(集合場所連絡不行届のため私は待ちぼうけを食わされました)、予定通りの山行となりました。自家用車4台に分乗、峠までの長い道のりを経て、明るい広い峠で晴れやかな気分となり、来てよかった、との思いは誰しも同じだったはずです。

やはり登山道は湿っていて滑りやすく、何人も尻餅をついたり危ない場面にも遭ったのです。でも往路2時間半、帰路(復路)2時間、無事16名の日曜登山は暮れたのです。山頂は狭く、先客十数名とでいっぱいいっぱい、何とか全員が昼食を終え、3パーティは頂上を後にしました。急登2カ所、その他緩い登りなどとともに下りも重なるアップダウンの疲れる道のりでした。実際、足がとてもしんどかったのです。

紅葉も始まっていて、それなりに美しく、遠く冠山の三角形の姿も拝んで山頂までにそれなりの遠望や展望に目を楽しませてくれます。疲れる道ではあるものの、尾根筋のこのコースはなかなかで推奨できると思います。惜しむらくは雲の多さでしたが、またこれから新たな時間を過ごせれば、と期待されるところです。

きのうの山行2011年07月11日 07時21分44秒

山上の草原
きのうも猛暑で暑さにはぐったりでしたが、それでも10名で山に登りました。清掃登山として、ごみ拾い、登山道の整備(といっても飛び出ていた枝や木などの伐採)を行いました。夏山なのであまり花はなく、緑豊かな道をひたすら登る、というなかなか辛い行です。中間点では汗で上から下までびっしょり、休憩してもなおそのしんどさは春や秋とは大違いです。

山上、800m付近では草原となっていて、風も吹き抜け、暑さはかなりりなものの、さわやかさもあってそこで昼食となったのでした。山頂へは空荷で往復、何もない暑いだけの山頂では長居は無用、とさっさと下りましたが、灌木の茂る道から草原に出たときの爽快感は梅雨明けならではの風景です。

それにしても暑かった。のどの渇きは1.5リットルの水とお茶でしのぎ、それ以上の汗をかいてもただ耐えて歩くしかありません。でも休日の山行はそれなりに楽しく、一時の幸せはきっとこれからも糧となってくれるはずです。

山上の休日2011年05月15日 21時55分17秒

山稜の人々
朝早くから出立、麓についてよく知られた富士写ヶ岳に登りました。12名のパーティー、しっかりとした道をひたすら上ります。低いところでは花はまばらでしたが、中腹からは賑やかな花々、と、それに加えて人の行き交う道となりました。日曜で天候も晴れ、薄くおぼろだったり、雲も割にありましたが、とても暖かく、汗がぽたぽた落ちる一本道です。

7合目からはシャクナゲの群落で、今が最高の季節だったようです。濃い紅色の蕾、開いた花の桃色、そして別に白のシャクナゲ、あちこちから感嘆の声。途中でもイワウチワ、イワカガミ、チゴユリ、花の落ちたショウジョウバカマ、白く大きなタムシバ、たくさんの白いイカリソウ、まだ多いスミレの類、ハルリンドウかフデリンドウ、他にもいくつもの花々が咲いていました。三つ葉ツツジの美しさも特筆ものです。

山頂は賑わっていて、座る場所も無いくらいで登山道にも座り込んだり、兎に角山上の休日を楽しむ人々でいっぱいでした。暑かったのですが、とても楽しい休日になりました。和やかさと心地よさ、気持ちのいい天候、遠く白山を望みながら山頂には1時間、ゆったりとした山旅でした。このときばかりは感謝です。

いったい何をするの(INS)2011年03月01日 13時31分47秒

山の破壊
写真は車窓から見える道路工事現場です。まさに、山と環境の破壊そのものです。雨だというのにやってます。どういうつもりでしょうか。そんなに壊してどこへゆく、といったところですね。自動車の通るところ、破壊された土地ばかり。どうなるっていうのでしょうか。山の土手っ腹にトンネルを掘り、周囲の緑をなぎ倒し、やっとの思いで生きている生き物たちを踏みつぶし、あるいは狭い奥に追いやって、それでよくなるのは一部の業者のみです。馬鹿な人たちはお金が入って一時的に喜ぶのかもしれませんが、後になって売らなければよかった、といっても元には戻りません。

INS状態、と時折いいます。狭い日本、そんなに...でどこへゆく、そんなキャッチフレーズが思い浮かびます。いずれ消えるのだ、と割り切ったのかもしれませんが、自然の猶予も待たないままに身勝手な断絶と分断と遮断を押し切ってやり続ける、そんな彼らの無神経さが理解できません。訳もわからないままに為されていく所為の行く末を思いやるとき、やりきれなさと悲しさと空しさと沸々とした怒りとがこみ上げてきます。こんなことをいったい、いつまで続ければ気が済むのでしょうか。何一つ、現実に生み出すことなどないのです。結局はすべては失われてしまうことは自明なのです。

愚かさは繕うべくもなし、と以前にも警句を挙げたように、後悔してやり直そうとしても、回復も再生も不可能なのです。自分たちが何一つ学ぶことも無いままになお繰り返すというその悲しいくらいの愚かさをどうやって教えたらいいのでしょうか。