無くしてほしい交通安全協会2007年04月25日 21時00分17秒

なぜ、こんなものがあるのか、という典型として、各地にある交通安全協会が挙げられます。はっきり言って、こんなもの、あってもなくても何も変わりません。もちろん、あるだけ、お金を浪費し、人々を騙し、余計なおせっかいと邪魔になるだけです。彼らのおかげで交通事故は減ったでしょうか。人々の意識に変化があったでしょうか。すべて、否、です。

きょうも、免許の更新に行ってきましたが、証書と印紙代を払ってから隣の窓口に行くように言われ、いくと案の定、交通安全協会の勧誘と支払いの「お願い」でした。もちろん、私は断りました。大切なお金を無駄にはできません。そのほとんどが彼らの「人件費」と化すこともよく知られているからです。

堂々と、運転者教育センター(免許更新と運転免許試験のためだけ)の中に、警察といっしょになって入り込んで窓口まで代行しているなど、論外です。存在自体が無意味であること、その「経営」実態をあからさまにすること、そして今までぶんどったお金を国民に返還すること、これらをすぐさますべきです。

コメント

_ どんぐり ― 2007年06月01日 16時39分56秒

本日も交通安全協会などの車3台を含む防犯安全部隊によって尾行監視され続けました。やつらはストーカーです。「てろとのたたかい」と称し、狼が来ると大衆を脅し、けーさつ国家を着々と完成させようとしています。写真が何よりの証拠です。

_ 緑の眼 ― 2007年06月02日 22時24分51秒

ブログ拝見しました。確かに、変です。必然性のない「仕事」のために私たち国民のお金を使って、逆に国民を監視するなど、もってのほかです。ほかにすべきことがあるはずですし、それも警察だけで十分でしょう。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「山路を登りながら、こう考えた。」で始まる小説の作者は誰か。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://midori.asablo.jp/blog/2007/04/25/1465956/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 大館工業の案内 - 2007年04月26日 11時09分19秒

大館工業に関する情報をご案内いたします

_ 秋田県ラーメン情報提案 - 2007年04月26日 13時53分08秒

秋田県ラーメン情報情報が満載のサイトです。